2011.04.24 08:27|麻疹

4月中旬になってから、東京都と神奈川県で麻しん患者届け出数の増加がみられているそうです。
海外渡航者なども含まれていて、外国から持ち込まれたウィルスであるケースもあるようです。
1歳児、年長組幼児、中1生、高3生の麻しん風しんワクチン接種対象者は、体調が良い時に早めに受けるようにしてください。
2010.05.18 21:12|麻疹
年長組さんと中学1年生と高校3年生諸君!
麻しん風しん混合ワクチンを受けてください。

2012年を目標に、日本は麻しん撲滅をめざしています。
麻しんにかからないようにするためには、1回のワクチンでは不十分です。
現在、2回目接種の対象になっている人は、

・就学前の年長児
・中学1年生
・高校3年生に相当する年齢の人たち

となっています。
いずれも今年度中に受けないと、定期接種として無料で受けられる権利がなくなります。
麻しんは、初夏に流行することが多いので、まだ接種していない人は、急いで受けましょう。
2008.06.20 13:03|麻疹
今、麻しんは大人の病気です。
数年前に実際に起きた悲劇です。
20代後半のお母さんが麻しんに罹患して亡くなりました。
2人のお子さんには、ちゃんと麻しんワクチンを受けさせていらしたのに、ご自身がワクチン未接種だったのをご存知なかったそうです。
過去に麻しんにかかったことがなくワクチンも受けたことのない人が、麻しんの患者さんと接触すれば、必ず麻しんを発症します。
5月にもお知らせしましたように、高校生の柔道大会をきっかけに麻しんが千葉県内で大流行しています。
けれども就学前の小さな子どもたちからは意外に患者発生が少なく、10歳以上から成人にいたるまでの、麻しんワクチン接種歴が0~1回の人たちが大半です。
入学時に麻しんワクチン接種済み証明を求める大学や医療系専門学校なども多くなってきています。
お父さま、お母さまがたも、麻しんワクチンは子どもたちと同様、2回は受けておくことをお勧めします。
接種をご希望のかたは、早めにご予約ください。

2008.05.27 12:57|麻疹
県内高校生の間で麻しんが発生 ワクチン接種を急ぎましょう。
5月10,11日に、千葉県内で行なわれた「関東高等学校柔道大会 千葉県予選会」に出場していた生徒が、麻しんに罹患していたことがわかりました。

5月10,11日に、千葉県内で行なわれた「関東高等学校柔道大会 千葉県予選会」に出場していた生徒が、麻しんに罹患していたこ とがわかりました。
その2週間後、同じく柔道の大会がありましたが、前回も参加していたある生徒は、前日発熱しており、当日朝になって発疹が出現 してきたにもかかわらず、やや解熱していたので大会に参加したとのことです。この生徒は後日、麻しんと診断されました。
この大会に県内各地から参加していた多くの高校生たちが、同様に一斉に麻しんを発症していることがわかりました。県の発表によ ると、5月26日正午までに17校29人の生徒の発症が確認されているということです。その後も続々と患者さんの発生情報が飛び込 んできています。
麻しんの感染は、このような形で高校生以上の生徒たち、大人たちへと拡がっていきます。彼らのほとんどが、電車やバスなどの公 共交通機関を毎日利用して通学通勤しているため、麻しんは思ったよりも広範囲に爆発的に拡がってしまうのです。
大人でも、こどもでも、まだ1回しか麻しんワクチンを打っていない人は、ワクチン接種を急いで受けてください。特に、麻しん・ 風しん混合ワクチン接種1,2,3,4期対象年齢のこどもたちは、健康状態が許すかぎり、早急に受けてください。(くわしくは 予防接種ご案内のページをごらんください。)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

   usagi

Author:   usagi
岩田こどもクリニックのお知らせコーナーです。

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

FC2カウンター