2012.06.15 21:16|ワクチン
ポリオ生ワクチンの接種は、千葉市ではこの6月、7月で終了し、秋からは不活化ワクチンが導入される予定になっています。

生ワクチンは、不活化ワクチンとくらべて、ワクチンとしての効果が優れていることはあまり知られていないようです。
たしかに副反応の面からすると、生ワクチンは不活化ワクチンより劣りますが、数百万回に1回というごく稀な事象であるうえ、すでに生ワクチンか不活化ワクチンを受けていれば、副反応のリスクもさらに軽減されます。

生でも不活化でも、すでに1回以上ポリオワクチンを受けている子は、この最後の機会に、効果のすぐれた生ワクチン接種を受けることをお勧めします。
2回の生ワクチンを受けるには41日以上の間隔をあける必要があります。
7月には、稲毛区・若葉区でポリオの集団接種がありますが、千葉市では今回に限り特別、該当地区以外の居住者でも接種を受けることが可能であるとしています。
接種を希望する方は千葉市保健所感染症対策課にお聞きください。
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

   usagi

Author:   usagi
岩田こどもクリニックのお知らせコーナーです。

最新記事

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

FC2カウンター